Web拍手 お礼





俺と先輩と時々BL その2





「さー、何食うべー?」
「あ、俺今日はなんかデミオムライス気分―」
「はぁ何それ浩介実はお前王道主人公?!マリモだったの?」
「へ?静馬こそ何だよそれ。マリモってそれ北海道の名産じゃないの?こないだ姉貴が土産に持ってきてたー」
「あーお前はそのままでいてくれ、うん。」

 今日も今日とて昼飯タイム。俺は友人である浩介とダベりながら食堂へとやってきた。
 デミオムライスを頼むらしい浩介は、一般席につくとピピピッとさっさと注文してる。俺は何にしよーかなーとメニューを覗いていれば、ふいに肩の後ろからにゅっと出てくる大きな節ばった手。長い指で持つキーカードが素早くスライドされて、ピピピピッなんて気持ちがいいくらいの操作音と共に注文が完了した。
 おお、相変わらず早技だな。表示には【日替わり定食×2 送信しました】と出ている。

「ちょ、何勝手に頼んでるんだアンタ!」
「飲み物は好きなのを選べ。」

 そう耳元で言われた距離の近さに大きな声では文句が言えない。しかもメニューの前で重なった大きな手が俺の手の中にカードを収めてくる上に、触り方がやらしいから性質が悪いったらありゃしない。これが可愛いチワワみたいな下級生にしてる事で、その相手が『あの、先輩僕困りますっ…』なんて恥じらってれば萌えるのに。

 周りで見ていた生徒達の中から上がる歓声や非難の声。そりゃ生徒会や風紀委員会の有名人ほどではないにしてもこの人も美形で人気あるんですからねー。
 つかなんで不良なのに食堂にいるんですか?どうせろくな答えがないだろうから聞かないけどさ。

 下手に話すといろいろ多方面に絡まれるのでため息をつけば、先輩は背後の椅子から立ち上がり俺の隣にいた誰かと無理矢理に席を替わった。あぁもう、そういうとこ不良なんだもんなぁやっぱ。睨まれた生徒は可哀そうに…

 俺は先輩に睨まれても平気なんだけど、それはこの人が俺にべた惚れだって知っているからなのだ。でも向かいに座ってる浩介がガクブルしてる。先輩見えてるでしょその眼力しまってください。

「俺が奢ってやるっていうのにため息か。」
「いらぬ不興を買いたくないんで、そういうのやめてくださいって言ってるっしょ。俺は傍観者でいたいんすからー自分じゃ萌えないー」
「ダメだ。」
「いや決めるのはアンタじゃないですから!」

 隣に座ってきた先輩に小声で言えば、ムッとして顰め面をされた。そんな顔、最初は怖かったけど今はどって事ないですよ。オタクで腐男子の順応性なめんなよー
 ツンとした顔で先輩から顔を逸らしてみる。俺がしたって可愛くないはずなのに、この人には効果覿面だ。先輩は俺様風だけど、そこまで自我が強いわけではないのでいつものように『悪かった』と折れてくるはず。
 そう思っていたのだが、今日は様子が違った。
 俺達に訪れるのは、数分の沈黙。周りの連中もアレ?という顔をしてる。

「…静馬。」

 けれど先に沈黙を破ったのは先輩だ。そろそろ折れたのかなぁと思う俺。

「何ですか?」
「…嫌だ。」
「は?」

 さっき『ダメだ』と言った先輩は、今度は『嫌だ』と言う。しかもなんか、なんか声が…これは、これはまさかすねてるのか!!!

「だって、俺がお前に構いたい。」

 『だから嫌だ』と。先輩は眉をハの字にして俺を見つめてる。美形は困っても美形なんだなーなんて一瞬馬鹿な事を考えてしまった。

「…しずま。」
「ま、ままま待って?ちょ、先輩」
「博樹」
「いや、先輩あのね」
「ひろき」
「せんぱ」
「…ダメか?」

 ちょっと待て!!何だこれ何だこれ?!俺の心臓がドキドキしちゃうよ!俺様属性のはずなのに、何この人!俺はワンコ属性に弱いんだよ!
 いやいや、よく考えるんだ静馬。先輩はどういう人間だった?

 不良で、巷のチームのNO.2で、ちょっと自分勝手キャラな美形さんで、俺にベタ惚れで毎日のようにくっついてくる人。OK、そんなこの人が甘えたさんキャラになるはずはないよねー?つまり…

「……あーのー、博樹先輩?」
「…あぁ。」
「あの、俺の携帯でワンコ攻めのイベントやりましたね?」
「……」

 沈黙は肯定と見なす。そうかそうか。

「…ひーろーきーせーんーぱーいー?」
「…ちっ、バレたか。」

 俺が携帯ゲームの事を口にして確認するように見上げれば、舌打ちされた。
 いやだって、やけにしおらしいというか甘えた先輩なんてないでしょ!

 どうやら先輩は俺が携帯ゲームで攻略したワンコ系キャラをマネして言ったらしい。
 迂闊にもそれにすぐには気付けなくて萌えてしまったじゃないか!ギャップ萌えなのかと思っちゃったよ。可愛い先輩もアリとか、いやいやそんなそんな俺はノーマルで見る専門の腐男子だから!

「静馬?」

 あぁ、今こうして首を傾げる姿も可愛く見えてきちゃうから恐ろしい。
 しかも先輩が俺に構いたくて構われたいからってワンコ攻めになろうとしたとかちょっとキュンとしちゃったり。
 でもほら、先輩は俺様のままで十分カッコイイし俺別に構われるの嫌いじゃな…いやいやいや、俺ってば何言っちゃってんの迷惑だから!迷惑って事にしとかないとまずいよー?!







その1へ その3

2010/09/19